お正月は運を開く絶好の機会!運気を整える三が日の過ごしかた*

2021年、明けましたね。
昨年は大変お世話になりました。
本年もどうぞ宜しくおねがい致します!

さて、突然ですが…
「あなたは 運がいいですか?」

この質問に 『はい!』と即答できなかった方、
今年こそは良い1年にしたい方へ…
強運の持ち主の私から
運気を整える三が日の過ごしかたを
お届けします^ ^

*

というのも、お正月は
「こうなりたい」という
理想の自分をつくるのに絶好の機会でして。
三が日の過ごし方でその1年が決まるといっても
過言ではないくらい、
運を開いて行く絶好の機会なんです!

私は生まれつき とても運が良くって。
おみくじは十中八九、大吉。
くじ引きで一等賞を引き当てたこと多々あり。
今までいろんな経験もしましたが
それぞれの瞬間に思わぬ転機が訪れ
結果的に健康運・友達運・仕事運・恋愛運…
総合的に見て 人生120点!だと思っています。

なぜなら、運って、
自分で開いていくものだし
運気は自分で上げていくものだから。
運気が落ちていることに気づいたら
自分自身で過ごし方を改めて
自分の人生を幸運に持って行けるんです。

特にお正月は、
1年の中でも運を開く絶好の機会です!
そんなお正月の三が日に…
今からでも間に合う
「運気を整える過ごし方」をシェアします。

*

①初詣に行く
まずは日本人だったら外せない、初詣。
今年はコロナ禍で初詣にも行きづらいですが、
自宅で心だけ参拝するのもアリだと思います。
初詣に行く際には清々しい気持ちで参拝すべく
きちんと身なりを整えると思いますが、
・明るい服を着る
・光り物を身につけていく
ことをオススメします!

着物で華やかに初詣できたらそれが1番ですが、
普段着の中でも 明るい服を選びましょう。
そして、縁起の良いものは光り物。
「金」や「銀」は昔から邪気払いができる
縁起物とされているし、
初詣する人の中で
明るい服で光り物を身につけていると
神様もきっと私を見つけやすいと思いまして。笑
「昨年もありがとうございました」
「本年もどうぞよろしくお願いします」と
神様に見つけてもらって
しっかり挨拶することが大切です。

手を合わせる際に
お願い事を詰め込まないように、
・合掌の際には心を無にして挨拶をし感謝を伝え
・参拝が終わったら絵馬に志を書き留める。
その2つを別にすることがとても大切ですよ^ ^

*

②笑顔で過ごす
三が日にしてはいけないことは
争いを生むこと。ケンカはご法度です。
人は笑顔でいるときに不幸にはなれないそう。
つまり、笑っていると自然と
幸せが舞い込むんですね。

なので、幸せになりたければ
先に自分が幸せな笑顔でいること!
三が日には心が踊るようなことに触れましょう。
お笑いが好きならお笑い番組を見て
思い切り笑うのも良し。
私は雑誌を見て「このジュエリーもいいな〜」と
ジュエリー選びにわくわくしています。
運を開くには笑顔でいること。
これが1番強い開運行動です!

*

③自分を客人のように扱う
お正月三が日、ゆっくりとくつろいでいますか?
昔から縁起をかつぐために
「掃除をしてはいけない」
「料理をしてはいけない」などと言いますよね。
実はその言い伝えは
家事に追われる忙しい主婦へ
お正月くらいはゆっくり過ごしてね、との
心遣いから来ているとのこと。

それに従って、お正月の三が日は
自分自身を
「お正月に家にやってきた福の神」だと思って
おもてなししましょう^ ^

ちゃんとした おせちじゃなくても
ちょっと豪華な食事を準備しておいたり
ティータイムに紅茶を淹れてケーキを出したり…
「どうぞゆっくり過ごしていってくださいね」
との気持ちで自分自身を大切におもてなしすると
心が整い運気も整います。
①初詣で昨年のお礼を伝え今年の挨拶をし
今年の志を絵馬に示し、
②笑顔で過ごすことで運をグッと開き、
③自分を客人のように扱うことで
この三日間で今年のあなたは幸運間違いなし!
です。

*

お正月は運を開く絶好の機会!
運気を整える三が日の過ごしかたを
お届けました。

運は自分で開いていくもの。
運気は自分で上げていくもの。
2021年を人生で1番幸運な年に
していきましょう〜!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です