双極性障害とわたし〜美容コスメの販売員〜

History 記事はこちら
*第一章 うつ病とわたし
1.〜精神疾患とは無縁だった学生時代〜
2.〜初めて死にたいと泣いた日〜
3.〜初めての精神科、適応障害〜
4.〜地獄の中で支えになった人〜
5.〜長崎県での返り咲き〜
6.〜0か100か〜
7.〜仕事と結婚どっちを取るか〜

*第二章 結婚と転職とわたし
8.〜長崎から熊本へ〜
9.〜福岡にて結婚式〜
10.〜大阪でのMR職〜

*第三章 双極性障害とわたし
11.〜急性胃腸炎で入院〜

→前回から続きます…

MRとしての仕事を諦めたわたしは、
次に美容コスメの販売員に応募しました。
まだ胃腸の調子が万全ではなかったけれど、
すぐに働くことが決まり
2015年の秋から百貨店の販売員として
販売現場に立つことになりました。

たまにやってくる胃腸の不調と戦いながらも
オーガニックコスメの心地良い香りに癒されつつ
個人売上や店舗成績も非常によく、
心から楽しく販売現場に立てていました。

今振り返ると、わたしは
個人売上や個人ノルマなど、
あまりに高い目標をたてすぎるようです。
入社してすぐ社内No.1を狙ったり、
売上が上がるまで根性で残業したりと、
自分で立てた目標叶わず帰宅することが
非常に許せなかったのです。

そんな中で、MR職は高すぎる目標に
勝手に自分を押しつぶしていましたが、
コスメの販売はあっという間に
社内でも上位の成績を得ることができ、
自分の中で毎日のわたしを許せるように
なっていたように思います。

さて、コスメの販売員は非常に楽しかったのですが、
仕事が好調だともっとチャレンジングな環境に
飛び込みたくなってしまうのが性のようで…
1年経たずに2016年の秋に、職場を退職し
PC1台で起業することを決意しました。

続く…→〜PC1台でSNS起業〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です