夫からのあたたかいメッセージ

こんにちは。
今、大阪駅のアフタヌーンティーにいます。

本来は2月から復職予定だったのに
3月以降に延びてしまった…と
ちょっとショックを受けて夫に連絡。
そうしたら、いつもながらに
あたたかいメッセージをくれて泣けてきました。

私「〇〇くん、あのね 泣
今クリニック行ったんやけど、
まだ朝起きれてないけん仕事は厳しい、って診断で
2月いっぱいまで休むことになりました 泣
2月から働くつもりやったのにごめんね…」

夫『いいよー^ ^ 気にしない気にしない^ ^
ゆっくりでいいけん、大丈夫よー^ ^
任せときなさい!』

私「〇〇くんせっかく頑張ってくれとるのに
足引っ張ってごめんね 泣
ゆっくり確実に体調治します!」

夫『足引っ張ってるとか思っとらんけん、
ゆっくり治し^ ^』
だって…なんて優しいんだ。泣

*

私たちは夫婦共働きで、子どもを作る予定がなく
お互いにあれもこれもしたいね、と
いつも夢を広げてて。
今一番したいことは引っ越しなんだけど、
私が休むようになってから給料が入らず、
生活は夫の収入で困らないものの
引っ越しがいつになるか間延びしちゃってて…

私ばっかり休んでて引っ越しも先延ばしになってて
申し訳ないなって思ってたけど
夫は変わらず優しかった…感涙

*

うつ病って周りに理解者がいるかいないかで
天国か地獄かってくらい明暗が分かれると思う。
新卒で適応障害になったときには
母親にボロボロに傷つけられて本当に苦しかった。
だけど今は、隣に夫という理解者がいる。
いつも隣にいてくれる人に理解してもらえるって
本当に救われる。
夫の存在を、大切にしなきゃなって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です