【#NO WAR】今こそ“個の力”が問われる時。トップダウンの狂人をボトムアップで国ごと動かせるか。

こんばんは、まいです。
ロシアのウクライナ侵攻が始まって早6日。
世界情勢が目まぐるしく変わっていますね。
毎日ニュースを見る中で感じたことを少しだけ…
稚拙ながら綴ってみます。

先週木曜日。仕事が休みだった私は
近場にランチに行っていました。
美味しい昼食をいただいてちょっとリラックス…
と思っていたら、ロシアがウクライナへの侵攻を
開始したと知り。
居ても立ってもいられず急いで帰宅し、
ニュース番組を見て固唾を吞みました。

数日で首都陥落の危機か?と言われていましたが
ここで目の当たりにしたのが「個々の力」。
プーチン氏の暴走から国を守るべく
SNS配信で国民に立ち上がることを訴えかける
ゼレンスキー大統領。
ウクライナに攻め込んで来たロシア兵に
ここから立ち去れと強く詰め寄る女性の姿。
キエフ市内から現状を中継する現地住民…

その一人一人の訴えが、心の叫びが、
世界中の一人一人の心を動かし、
デモ活動につながりロシアへの制裁につながり…
今、世界中がプーチン氏の暴走を止めようと
団結し始めています。

過去の第二次世界大戦では
「国に従うことこそが正義」
「国のために命を落とすことが誇り」
そんな時代でしたが、
2023年、現代ではそんなトップダウンの組織は
足元から揺らいでいくように思います。

今武器を持つロシア兵の中にも、
ウクライナ侵攻に疑問を持つ
人としての心を持つ人間が きっといるはず。
今こそ世界中が一丸となって、
世界の秩序を乱そうとする
暴走した狂人を止めるべく、
個々の力を団結させる時です。

私個人も今の世界情勢を自分ごととして捉え、
ちっぽけな1人だけど
何か力になれることはないのか…
常に現地の人々に心を寄せ、自分の頭で考え
何か少しづつ行動に移していきたいと
強く感じています。

ほんの小さな“個の力”でも、集結すれば
大きく世界を変えていける。
トップダウンの狂人を
ボトムアップで国ごと動かせるか?
ロシアという国を足元から変えていけるのか?
今後の情勢も自分の目でしっかり見つめて
心の奥底で受け止めて、
今できることを見つけていきたいです。

#NO WAR
#NO WAR
#NO WAR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。