ヘアカラーを辞めて1年。地毛に戻したBefore→After*

こんにちは、まいです。
大阪は昨日から急に寒さが強まって
いよいよ冬の気配も近づいてきました。
この時期から、ニットやコートなど
冬のファッションを楽しめますね。

私は毎年決まって、
寒さを感じると髪を切りたくなります。
美容師さんにそう話すと
「夏の方が暑くて切りたくなりません?」と
言われたのですが、
骨格 ウェーブタイプの私は
夏の薄着には長めの髪が欲しくって。

冬は厚着で上半身に厚みが出るから
安心して髪を切れるんですよね。
夏は上半身が貧相にならないように
首回りや鎖骨あたりを髪のボリュームで
カバーしていましたが
顔タイプ アクティブキュートの私には
無難なロングヘアが似合わず…

ずっとバッサリ切りたかったので
秋になってようやく切れるー!!と
ウキウキで切ってもらいに行きました。

*

さて、ヘアカラーはというと
最後に全体を染めてから
あっという間に1年が経ちました。
もともと伸びるのが早いこともあり、
仕事ではいつも一つ結びにしていたため
ストレスなく地毛を伸ばすことができました。

*ヘアカラーを辞めた時の記事はこちら。

*カラーを辞めて半年の記事がこちら。

*

地毛を伸ばした流れは以下のとおりです。

・2019年10月 カラースケール8〜9レベルの
ブラウンに染める(全体)
・12月 根元の地毛が伸びた部分をそのまま残し
前回染めた部分をカラースケール5〜6レベルの
ダークブラウンに染める
・その後カラーは何もせず
2ヶ月に1回カット&トリートメントのみ

そうやってあっという間に1年が経ち…
地毛に戻したBefore→Afterがこちらです。

根元から地毛が15センチほど伸びました。
地毛とカラーの境目は
美容師さんのおかげで気になりませんでした!
一度も染め直していないのに…
このカラー技術に感謝です。

せっかくの最後のカラーを楽しもうと
毛先を巻いて動きを出したりしていて
程よく明るさを楽しめて良かったのですが
鎖骨ラインを過ぎて胸まで来ると
どうしても重くなってしまいますね。

今回あごから2センチ下に切ったのですが
骨格ウェーブ×顔 アクティブキュートには
あごライン〜鎖骨ラインまでが
1番似合うように思います。

パーソナルカラーはイエベ秋、
その中でもソフトオータムなので
真っ黒の黒髪は似合いません。
でも地毛に少しだけ色味があるため
残ったカラー部分と
良い感じに馴染んでくれています。

本来はもう少し明るい色の方が似合うのですが
寒い冬にはこのくらいの明るさで
ちょうど良さそうです。

しばらくは地毛を楽しんでみて、
飽きてきたら地毛をベースに
メッシュカラーを入れて遊ぼうかな、と
考えています。
春にはパーマで動きを入れるのも楽しそう。

*

ヘアカラーをやめると
髪で遊ぶ楽しさがなくなるかなと
少し寂しく思っていましたが、
その心配は全くもって不要でした。
地毛を伸ばしたら伸ばしたで
今までに着なかった明るい服に挑戦できたり
メイクやメッシュカラーでも
いろんな遊び方ができそうです。

そうそう。ここ最近は
ジュエリー熱が上がっていて
カラーストーンが欲しいなあと
ネックレスやリングを物色中。
髪の印象で似合うジュエリーも変わって来るので
地毛に似合う石を探す旅に出ようと思います^ ^

2020年冬、今年は色々ありましたが
これからの寒い時期も
楽しみを見つけていけるといいな。
くれぐれにも体調管理にお気をつけて、
穏やかにお過ごしくださいね。

*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です